Evernoteで電子化した手書きメモを活用

Evernoteで手書きメモを管理することで、必要な手書きメモを瞬時に探し出すことができ、メモを無くすといったことがなくなります。
また、メモ内の重要な単語や文面をあらかじめEvernonteに入力することで、iPhone・iPad・パソコンでキーワードを便利に活用することが出来ます。

メモ帳はデジタル化に最適なSHOT NOTEやSMAFO BUNGUをお使いください(^^)

SHOTNOTEについてはこちらをご覧ください。

 

※下記手順紹介ではSHOT NOTEを使用しています。

【Evernoteに手書きメモを取り込む手順】


※画像をクリックすると拡大表示します。


文具に合った専用のアプリケーションをiPhone・iPadにインストールします。

(SHOT NOTEの場合:アプリ名『SHOT NOTE』)

SHOT NOTE00.jpg

 

 

 アプリを起動し、「設定」ボタンよりEvernoteのアカウントを登録します。

  SHOT NOTE01.jpg 

 

 

アプリ内のカメラマークをタップし、メモを書いたSHOT NOTEを撮影します。 (カメラ内の四隅にある四角い部分に、メモ帳の四隅のマークを合わせながら撮影してください。)

 SHOT NOTE02.jpg 

 

ノート四隅のマークを読み取って、自動でノートを画面ピッタリに取り込めます。 

SHOT NOTE03.jpg 

 

 

  タイトルにキーとなるものを入力し直します。 

 ☆必要であれば タグ を編集します。
(タグとは、フセンみたいなものです。詳しくはこちら>タグについて)   

SHOT NOTE04.jpg 

 

 入力が完了したら、画面右上の「完了」ボタンをタップします。 

 その後、右下の「保存」ボタンをタップします。 

SHOT NOTE05.jpg 

 

 

画面右下にある矢印マークをタップします。 

SHOT NOTE06.jpg

 

「Evernoteに投稿」をタップして、Evernoteに保存します。 

SHOT NOTE07.jpg

 

Evernoteではこのように保存されています。

SHOT NOTE08.jpg

 

 

  《活用の仕方》 

 Evernoteの検索バーにタイトルやキーになる言葉を入力して、目的の手書きメモを探します。

SHOT NOTE09.jpg

Evernoteで新聞記事を保存・活用

Evernoteで新聞の切り抜きを管理することで、必要な新聞の切り抜き記事を瞬時に探し出すことができます。
また、記事のタイトル名や重要な文面などをあらかじめEvernonteに入力することで、iPhone・iPad・パソコンで入力したキーワードを便利に活用することが出来ます。

下記で紹介している手順は、
Evernoteアプリ内蔵のカメラ機能を使用するので、実際に新聞を切り抜く作業は必要ありません(^^)



【Evernoteに新聞の切り抜きを取り込む手順】

 

※画像をクリックすると拡大表示します。


初めに、パソコンのEvernote内で新しいノートブックを作成します。

[処理待ち]という名前のノートブックを作って「既定のノートブック」に設定します。
(Windowsの場合、「 このノートブックをデフォルトにする 」に設定します。)

新聞記事01.jpg

 

 

Evernoteアプリを立ち上げます。

☆Evernoteアプリのインストール方法はこちらをご覧ください>>EvernoteをiPhone・iPadに設定する方法

新聞切り抜き.jpg

 

 

Evernoteアプリから新しいノートブックを作成します。


@「ノートブック」をタップし、右上にある「編集」をタップします。

新聞記事02.jpg


A左上にある「ノートブックの作成」をタップします。

新聞記事03.jpg

 

B[ 新聞記事 ]という名前のノートブックを作成して、右上にある「完了」をタップします。

新聞記事04.jpg

 

Cさらに、右上にある「完了」タップします。

左上のEvernoteマークをタップしてトップの画面に戻ります。

新聞記事005.jpg新聞記事006.jpg

 

 新聞の記事を撮影して、Evernote内に保存します。

 

@画面上部の右側にある『ページカメラ』マークをタップします。
 ※『ページカメラ』マークで撮影することにより、文字を読みやすいように明るさを自動補正します。

新聞記事07.jpg

 

A枠の中に新聞記事が収まるように画面を合わせ、撮影ボタンをタップします。

新聞記事08.jpg

 

B右下の「青いチェックマーク」をタップしてEvernoteに保存します。
※写真を取り直すときは、左下の「×マーク」をタップして撮影し直します。

 新聞記事09.jpg

 

「既定のノートブック」として設定した[処理待ち]ノートブック内に、写真付きのメモが保存されます。

新聞記事10.jpg

 

タイトル箇所に記事名を入力し直します。   

☆必要であれば タグ を追加します。

(タグとは、フセンみたいなものです。詳しくはこちら>タグについて)  

新聞記事11.jpg

 

本文に記事内の重要なキーワードや文面を入力します。

新聞記事12.jpg


必要項目を入力後、[ 新聞記事 ]ノートブックに移動します。

右上の『i』マークをタップして、ノート情報を表示します。
次に「ノートブック」欄をタップして、 「新聞記事」ノートブックを選択します。

新聞記事13.jpg新聞記事14.jpg新聞記事15.jpg

 

 

《活用の仕方》 

新聞内の文字が全て検索対象なので、新聞記事内にあるキーワードをEvernoteの検索バーに入力して目的の新聞記事を探します。

新聞記事16.jpg

Evernoteで音声データを管理・活用

Evernoteで音声データを保存・管理することで、必要な音声データを瞬時に探し出すことができます。
また音声データに関して重要なキーワードをあらかじめEvernonteに入力することで、iPhone・iPad・パソコンでキーワードを便利に活用することが出来ます。

長時間の音声録音には向きませんが、キーボードで入力する時間がない時や思い付いた事をその場で残したい時、セミナー・会議等の重要箇所を書き漏れなく残したい時などに便利です。

【Evernoteに音声データを保存する手順】

 

※画像をクリックすると拡大表示します。

 

Evernoteアプリを立ち上げます。

☆Evernoteアプリのインストール方法はこちらをご覧ください>>EvernoteをiPhone・iPadに設定する方法

新聞切り抜き.jpg

 

 

Evernoteアプリから新しいノートブックを作成します。


@「ノートブック」をタップし、右上にある「編集」をタップします。

新聞記事02.jpg


A左上にある「ノートブックの作成」をタップします。

新聞記事03.jpg

 

B[ 音声データ ]という名前のノートブックを作成して、右上にある「完了」をタップします。

音声01.jpg

 

Cさらに、右上にある「完了」タップします。

音声02.jpg

 

Evernote内に音声データを保存します。

 

@[音声データ]ノートブックをタップして、右上の「+」マークで新規ノートを作成します。

音声04.jpg音声05.jpg

 

A画面上部にある「マイク」マークをタップして、音声を録画します。
 ☆「マイク」マークをタップすると、すぐに録音が始まります。録画を終了する時は「完了」をタップします。

音声06.jpg

音声07.jpg

 

B録音を終了すると、音声データがノートに追加されます。

 音声08.jpg

 

タイトル箇所に音声データ名を入力し直します。   

☆必要であれば タグ を追加します。

(タグとは、フセンみたいなものです。詳しくはこちら>タグについて)  

音声09.jpg

 

 

《活用の仕方》 

 Evernoteの検索バーに音声データ名を入力して、目的の音声データを探します。

音声10.jpg

 

★パソコンで再生する場合:再生マークをクリックすると音声データが再生されます。

  音声11.jpg 

 

 ★iPhone・iPadで再生する場合:音声データをタップすると再生されます。

  音声12.jpg

Evernoteで保存したWebページを活用

iPhone・iPadで閲覧しているWebページをEvernoteに保存することができるアプリです。保存したWebページはPDF形式となるので、パソコンから印刷することも可能です。
Evernoteに保存することで、簡単にWebページ(PDF)を検索することができ、さらに、オフラインの状態でも閲覧することができます!

下記で紹介している手順は、
無料アプリ「PDF lite 変換器 」を利用しています(^^)

【EvernoteにWebページを保存する手順】


※画像をクリックすると拡大表示します。


IMG_3376.jpgSafariで、Webページを表示しURL部分を選択します







IMG_3378.jpgWebページのURLの「http」(または「https」)部分を『pdfl』と置き換え、「Enter」で開きます。







 

IMG_3379.jpg

「PDF lite 変換器」アプリが瞬時に起動し、WebページをPDF形式として表示されます。

「PDF lite 変換器」アプリの共有ボタンをタップします。

 

 

 

 

 

IMG_3380.jpg共有メニューより「Evernoteで開く」をタップします。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3381.jpg自動的にEvernoteが表示され、保存されます。

必要であれば、タイトル・本文を入力します。

 

 

 

 

 

IMG_3382.jpg

 PDFファイルをタップすると、保存されたWebページを閲覧することができます。

 

 

 

 

 

 

《活用の仕方》 

IMG_3383.jpgPDF内の文字が全て検索対象なので、PDF内(Webページ内)にあるキーワードをEvernoteの検索バーに入力して目的のPDF(Webページ)を探します。