Evernoteでお気に入りのWebサイトを活用

『Evernote Web クリッパー』を使うことで、
Webページ内の気になるテキスト、リンク、画像などオンラインで見つけたすべての情報をワンクリックで
Evernoteへ保存することができます。

  • 手軽に情報収集ができる
    テキストや画像、リンクを含んだWebページの一部または全部をワンクリックでEvernoteに保存できます。
  • 気になったらすぐ保存ができる
    Evernoteに保存しておけば、元のページがなくなっても永久保存が可能です。
  • どこからでもアクセスができる
    EvernoteにWebページを保存しておくことで、iPhoneやiPad、パソコンからでもアクセスが可能です。


【EvernoteにWebサイトを保存する方法】

 

※画像をクリックすると拡大表示します。

各ブラウザに「Evernote Web クリッパー」をインストールしておきます。

☆設定方法はこちらをご覧ください>>Evernote 「Webクリッパー」ダウンロード方法

webクリッパー01.jpg

      

webクリッパー02.jpg

※Firefoxの場合

 

Evernote内で新しいノートブックを作成します。

[処理待ち Webサイト]という名前のノートブックを作って「既定のノートブック」に設定します。
(Windowsの場合、 「 このノートブックをデフォルトにする 」 に設定します。)

webクリッパー03.jpg

 

※おすすめブラウザは「Firefox」です。ここでは、「Firefox」を使った説明になりますm(_ _)m

保存したいWebサイト(ページ)を開き、Evernoteに保存します。

<Webサイトのページ全体を保存します> 

@Webサイトを開いている状態で、ブラウザのアプリケーションウインドウの右上にあるEvernoteアイコン (Web クリッパーボタン)をクリックします。

webクリッパー04.jpg

 

A『記事をクリップ』の右にある『▼』マークから、「ページ全体をクリップ」を選択します。

webクリッパー05.jpg

 

B『ページ全体をクリップ』ボタンをクリックして、Evernoteに保存します。

webクリッパー06.jpg

 

C保存が完了すると [処理待ち Webサイト] に入ります。

webクリッパー07.jpg

 

 <記事一部を保存します>

@Webサイト内の保存したい記事を選択して、ブラウザのアプリケーションウインドウの右上にあるEvernoteアイコン (Web クリッパーボタン)をクリックします。

webクリッパー08.jpg

 

A『選択部分をクリップ』ボタンをクリックして、Evernoteに保存します。

webクリッパー09.jpg


B保存が完了すると [処理待ち Webサイト] に入ります。

webクリッパー10.jpg

 

 <ページのリンク(URL)を保存します>

@Webサイトを開いている状態で、ブラウザのアプリケーションウインドウの右上にあるEvernoteアイコン (Web クリッパーボタン)をクリックします。

webクリッパー04.jpg

 

A『記事をクリップ』の右にある『▼』マークから、「URL をクリップ」を選択します。

webクリッパー11.jpg

 

B『URL をクリップ』ボタンをクリックして、Evernoteに保存します。

webクリッパー12.jpg

 

C保存が完了すると [処理待ち Webサイト] に入ります。

webクリッパー13.jpg


 [処理待ち Webサイト] ノートブックに保存したWebサイトのタイトルにはページタイトルが入力されています。(変更も可能です。)   

☆必要であれば タグ を追加します。

(タグとは、フセンみたいなものです。詳しくはこちら>タグについて)  

webクリッパー14.jpg

 

内容を確認後、[ Webサイト ]ノートブックに移動します。
※新規ノートブックで[ Webサイト ]ノートブックを作成しておきます。

webクリッパー15.jpg

 

 

  《活用の仕方》 

 Evernoteの検索バーにページタイトルや記事内容の一部などを入力して、目的のWebサイトを探します。

webクリッパー16.jpg