「リマインダー」アプリで仕事の忘れ防止

_---------2014-01-30-13.36.11.gifリマインダー

iPhone標準アプリ

 

IMG_0589.PNG

リマインダーは、

・その日のうちにこなさなければならない仕事

・おおよその期限がついている用事

・いつかはやらなければならない用事

・買い物リスト

などなど、思いついた時にメモを残しておくのに便利なアプリです。

用事が済んだら、チェックを入れるだけで完了。

非常にシンプルで使いやすいToDoアプリです。

 

 

 

 

 

OS10.8(Mountain Lion)バージョンのMacでは、標準アプリとして搭載されましたので、iCloud経由でiPhone、iPad、Macのリマインダー情報を簡単に共有できます。

例えば、iPhoneでToDoリストを追加すれば、自動的にiPadやMacでも確認、編集することが可能です(^_^)

 

    ↓↓↓ iCloudで同期(下写真:Macの画面)

remainder-Mac.jpg


「メモ」アプリ、iPhone、iPadで入力したメモをMacで確認

more_notes_icon.jpeg メモ

 iPhone標準アプリ

 

memo-iPhone.jpg"iCloud"でメモの同期をオンにしておけば、iPhoneやiPadの「メモ」アプリに記載した内容が、Macの「メモ」アプリで見ることが出来ます。

同様に、Macの「メモ」アプリで入力した内容はiPhone、iPadで見ることが出来ます。

 

 メモを共有する場合、iPhone・iPadのメモ内にある[アカウント]より、[iCloud]欄のメモを使用してください。

 [iPhone]または[iPad]欄のメモに入力した内容は、デバイス単体の管理になります。

 

 

 

 

OS10.8(Mountain Lion)バージョンのMacでは、標準アプリとして搭載されましたので、iCloud経由でiPhone、iPad、Mac間でメモ情報を簡単に共有できます。


↓↑相互に同期されます(下写真:Macの画面)

memo-Mac.jpg

「Safari」アプリ、iPhone・iPad、Mac間で見ていたページを表示

safari_icon01.jpgSafari

標準アプリ

 

"iCloud" でSafariの同期をオンにしておけば、iPhoneやiPadで開いていたページ(タブ)を、Macの「Safari」で閲覧することが出来ます。

同様に、Macの「Safari」で見ていたページ(タブ)をiPhone、iPadで閲覧することが出来ます。

つまり、Safariのタブを同期することができます!

 

OS10.8(Mountain Lion)バージョンのMac、iOS 6以降のiPhone・iPadでは、標準機能として[iCloudタブ]搭載されましたので、iCloud経由でiPhone、iPad、Mac間でタブ情報を簡単に共有できます。


<iPhoneで開いているタブをMacで閲覧>(左図:iPhone 右図:Mac)

safari_iphone.jpgsafari_mac01.jpg 

 

 

 

 

 

 

 

 

<Macで開いているタブをiPhoneで閲覧>(上図:Mac 下図:iPhone)

Mac_safari001.jpg

iPhone_safari001.jpgiPhone_safari002.jpg

「フォトストリーム」機能、写真を簡単に同期することができます

more_photos_icon.jpeg写真
標準アプリ
(iPhone・iPad)
hero_iphoto.jpgiPhoto
標準アプリ
(Mac)

photostream001.jpg

"iCloud"でフォトストリームの同期をオンにしておけば、iPhoneやiPadに保存された「写真」を、Macの「iPhoto」アプリ(フォトストリーム内)で見ることが出来ます。

 

 フォトストリームを共有する場合、ネットワークを同一にする必要があります。

iPhone・iPadを、Macに設定してあるWi-Fi(無線)と同じWi-Fi(無線)に繋げた時、同期されます(^^)




 

 

 

 

この機能を使うことで、撮った写真をケーブルをつないでパソコンに移行させる必要がなくなります。


↓↑相互に同期されます(下写真:Macの画面)
※フォトストリームに表示される写真枚数は最大1000枚までです。1000枚を超える場合、古い写真から自動削除されます。

photostream002.jpg