MacとiPhone・iPadを完全連携・同期するための設定方法

iPhone、iPadを手にしてから、むしょうにMacが欲しくなって購入する方が多いと思います。僕もその一人です(^^)

MacとiPhone・iPadの相性は抜群ですが、そのための設定を行わないと効果を発揮できません。

ここでは、iPhone・iPadと連携・同期を取るためのMac側に必要な設定をご紹介します。

 

@Macを購入して初期設定で注意すること
Apple IDを入力する項目がありますので、iPhone・iPadで使用しているApple IDとパスワードを入力します。
AMacが起ち上がってから最初に行うこと

左上のアップルマークより、「ソフトウェア アップデート」を行います。

Mac-Update01.jpg

※注意

iPhotoのフォトストリーム同期や、Pages、Numbers、KeynoteのiCloud連携など、アップデートが必要な場合が有りますので、必ずソフトウェア アップデートを行いましょう。

 

BMacが起ち上がってからインストールするソフト(アプリ)

_---------2014-01-29-16.31.14.gifDropbox(ドロップボックス)無料

MacとiPhone・iPad間でファイルのやり取りをするクラウドサービス。

ダウンロード → https://www.dropbox.com/

 

_---------2014-01-29-16.44.32.gifEvernote(エバーノート)無料

Mac、iPhone、iPadで文書管理をするクラウドサービス

ダウンロード → http://evernote.com/intl/jp/download/

 

【関連記事】EvernoteとDropboxの使い分け方

 

スクリーンショット 2014-01-29 16.54.58.pngPages(ページーズ)無料

ワープロ ソフト:マイクロソフトWordとも連携可

ダウンロード → AppStoreより

 

スクリーンショット 2014-01-29 16.54.25.pngNumbers(ナンバーズ)無料

表計算 ソフト:マイクロソフトExcelとも連携可

ダウンロード → AppStoreより

 

スクリーンショット 2014-01-29 16.55.23.pngKeynote(キーノート)無料

プレゼン ソフト:マイクロソフトPowerPointとも連携可

ダウンロード → AppStoreより

 

iBooksAuther_icon_65px.gifiBooks Author(アイブックス オーサー)無料

Macで電子カタログや書籍を作成するアプリ。iPadに転送して読むことができる優れもの!

ダウンロード → AppStoreより

 

chrome-logo_65px.gifGoogle Chrome(グーグル クローム)無料

ブラウザソフト:Safariで表示できないページや、調子悪い時に、Safariの代わりに使います。

ダウンロード → http://www.google.com/chrome/intl/ja/landing.html

 

Pages/Numbers/Keynoteが無料になる方は、以下の方です。
OS X 10.9 MavericksをインストールしたMacを所有していることが前提となります。

  • 2013年10月23日以降にMacを購入した方
  • 2013年10月1日から22日までにMacを購入し、Up-To-Dateプログラムを2013年11月21日までに申し込んだ方
  • Keynote ’09を購入していて、OS X 10.9 Mavericksにアップデートした方
それ以外の方は、Mac AppStoreから購入する場合、2000円の有料となります。
CiCloudの同期設定
メール以外はチェックを付けます。

スクリーンショット 2014-01-29 17.21.47.png

  • 【連絡先】iPhone、iPadと連絡先を同期します。
  • 【カレンダーとリマインダーiPhone、iPadのリマインダーを同期します。カレンダーは使いません。
  • メモiPhone、iPadのメモ帳を同期します。
  • SafariiPhone、iPadのSafariと開いているタブやお気に入りを同期します。
  • フォトストリームiPhone、iPadのフォトストリームを同期します。
  • 【書類とデータ】Pages、Numbers、Keynoteで作成した文書をiPhone、iPadでも閲覧・編集できるようにします。

DメールとカレンダーはGmailとGoogleカレンダーを使う
メールとカレンダーについては、Macのものを使わず、Googleのサービス
  • Gmail
  • Googleカレンダー
をブラウザ(SafariやChrome)で使用します。

【関連記事】iPhone・iPadの標準カレンダーアプリとGoogleカレンダーを完全に同期する方法

Google-calender01.jpg

 

以上の設定で、快適なクラウド環境を満喫することができるようになります(^0^//

 

【利用例】

  • iPhone・iPadでメモを取った内容が、Macの方でも閲覧・編集ができる。
  • iPhone・iPadで追加したリマインダーを、Macの方でも閲覧・編集ができる。
  • Macで作成したPages、Numbersの文書を、iCloud経由でiPadで閲覧・編集できる。
  • Macで作成したKeynoteのプレゼンを、iCloud経由でiPadで表示・編集できる。
  • MacのiBooksAuthorで作成した電子カタログや電子書籍を、iPadで読むことができる。
  • Macで作成したファイルをDropboxに保存し、iPhone、iPadで閲覧できる。
  • iPhone、iPadで撮影した写真や動画をDropboxに保存し、Macで閲覧・編集加工ができる。
  • 文書管理サービスのEvernoteを、iPhone、iPad、Macで利用できる。
  • Gmail(Googleのメールサービス)をiPhone、iPad、Macで利用できる。
  • Googleカレンダーを iPhone、iPad、Macで利用できる(共有カレンダーもiPhone、iPad側で閲覧・予定追加が可能)。