iPhone・iPadの標準カレンダーアプリとGoogleカレンダーを完全に同期する方法 

※この記事で紹介するサービス「Google Sync」は、2013年1月30日に終了致しました。
 ただし、2013年1月30日以前よりGoogle Syncを設定しているiPhone( iPad )からは引き続き使用できます。

 また、有料サービスである「Google Apps for Business/Education/Government」を使用していれば、2013年1月30日以降でもGoogle Syncを利用することができます。

別の同期設定はこちらを参考にしてください(^^)

more_calendar_icon.jpeg

 google-calendar-icon.jpg

 

iPhone・iPadの標準カレンダーアプリとGoogleカレンダーを完全に同期する方法です。

通常設定では、Googleカレンダーで表示されている共有されたカレンダーはiPhone、iPad側で表示されません。iPhone、iPad側で特別な設定をすることで、共有カレンダーも表示・予定の追加ができるようになります。

 

【iPhone、iPadでの設定】(下記の説明はiPhoneの画面イメージです)

 

まずは、Googleカレンダーのアカウントを登録します。

 

calendar01.png

 

@

[設定]アイコン ⇒ [メール/連絡先/カレンダー] ⇒ [アカウントを追加...]から「Microsoft Exchange」をタップします。

 

 

 

 

 

 

 

calendar02.png

 

A

メール:Gmailのメールアドレス
ドメイン:空欄のまま
ユーザ名:Gmailのメールアドレス
パスワード:Gmailのパスワード
説明:空欄のまま(自動的に入力される)

上記を入力したら画面左上の「次へ」をタップします。

 

 

 

calendar03.png

 

B

表示されたサーバに「m.google.com」を入力し、画面左上の「次へ」をタップします。

 

 

 

 

 

 

 

calendar04.png

 

C

設定が完了すると、詳細画面が表示されるので、「カレンダー」をオンにします。
(メール・連絡先は必要に応じてで結構です。)

アカウントの追加が完了です。

 

 

 

 

 

 

calendar05.png

 

D

[設定]アイコン ⇒ [メール/連絡先/カレンダー] の下の方に「カレンダー」の欄があり、そこの「デフォルトカレンダー」欄で、設定したGmailを設定します。

 

 

 

 

 

 

 

ここまでの設定では、共有カレンダーが表示されません(自分のスケジュールしか管理できない)

以下の設定を行うことで、iPhoneやiPadでもGoogleカレンダーの共有カレンダーを表示・予定追加できるようになります。

 

【Google Syncの設定で全てのカレンダーを同期対象に】
※ Google Syncとは… Microsoft Exchange Active Sync という技術を使い、iPhoneやiPadなどにGoogleカレンダー・Gmailのほか、Gmailの連絡先を同期できるサービスです。

 

@iPhone・iPadの[Safari]から以下のURLを打ち込みます。


https://m.google.com/sync/settings/iconfig/

 

AGoogleのログイン画面が表示されるので、Gmailのアカウントを入力してログインします。

 

calendar06.png

 

B

Google Syncの管理画面が開きます。
先ほどiPhone・iPadでアカウントの追加をしたので、この管理画面の一覧の中に「iPhone」「iPad」が追加されています。

表示されている「iPhone」「iPad」を選択します。

 

 

 

 

もしiPhoneが2つ以上表示されている場合、灰色の字で書かれているLast sync〜という箇所の日付が最も新しいものを選択してください。

 

calendar07.png

 

C

最上部の2つ
Enable “Send Mail As” for this device.
Enable “Delete Email As Trash” for this device.
はチェックはしないでください。

「My Clendars」の欄に、共有カレンダーが表示されているので、すべてにチェックを入れます。

設定が完了したら、画面右下の「Save」をクリックします。

iPhone・iPadの標準カレンダーとGoogleカレンダーを完全同期する方法

 

calnd.PNGgoogle-calendar-icon(1).jpg

iPhone・iPadの標準カレンダーアプリとGoogleカレンダーを簡単に完全同期する方法です。

通常設定では、Googleカレンダーで表示されている共有されたカレンダーはiPhone、iPad側で表示されません。iPhone、iPad側で特別な設定をすることで、共有カレンダーも表示・予定の追加ができるようになります。
そして、共有カレンダーにそれぞれ振ってある『カレンダーの色』もしっかりと同期されるので、パソコンで見ているカレンダーと同じようにiPhone・iPadでスケジュールを確認することが出来ます。

 

予定を変更するのに便利ですね

 

【iPhone・iPadでの設定】(下記の説明はiPhoneの画面イメージです)

 

初めに、Googleカレンダーのアカウントを登録します。


calnd01.PNG

 

@

[設定] ⇒ [メール/連絡先/カレンダー] ⇒ [アカウントを追加...] から『Gmail』をタップします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

calnd02.PNG

 

A

名前:空欄のまま
メール:Gmailのメールアドレス(@gmail.comまでしっかり入力する)
パスワード:Gmailのパスワード
説明:空欄のまま(自動的に入力される)

上記を入力したら画面左上の「次へ」をタップします。





 



calnd03.PNG

B

設定が完了すると詳細画面が表示されるので、「カレンダー」をオンにします。
(メール・メモは必要に応じてで結構です。)

上記設定をしたら画面右上の「保存」をタップします。

アカウントの追加が完了です。








calnd04.PNG

C

[設定] ⇒ [メール/連絡先/カレンダー] の下の方に「カレンダー」の欄があり、そこの「デフォルトカレンダー」欄で、設定したGmailを指定します。











※ここまでの設定では、共有カレンダーが表示されません(自分のスケジュールしか管理できない)

以下の設定を行うことで、iPhoneやiPadでもGoogleカレンダーの共有カレンダーを表示・予定追加できるようになります。



【全てのカレンダー(共有カレンダー含む)を同期対象にする設定方法】


@

iPhone・iPadの [Safari] から以下のURLを打ち込みます。

 http://www.google.com/calendar/iphoneselect 

 

 

calnd06.PNG

 

A

Googleカレンダーの同期設定画面が表示されます。

同期したいカレンダーにチェックを入れます

(『共有カレンダー』の欄に、他の人が作成した共有カレンダー名が表示されているのでチェックを入れます。)


設定が完了したら、画面右下の「保存」をクリックします。

 

 

 

 

 

 

calnd07.PNG

 

B

標準カレンダーアプリ内の画面下部にある「カレンダー」を見ると、googleカレンダーが追加されています(^^)