Safari機能

_---------2014-02-13-11.10.04.gif




Web検索エンジンを変更する

・・・iPhoneでは『Yahoo!』『Google』『Bing』の3種類から検索エンジンを設定することができます。
変更方法は、[設定]⇒[Safari]から【検索エンジン】をタップして使いやすいウェブサイトを決定します。
(ウェブサイトを検索する際、サービスによって出てくる結果が異なる場合があります。)
IMG_028300.jpg


即座に画面の一番上にスクロールする
・・・メールや連絡先、Safariなどのアプリで最上部の検索欄に戻りたいときは、画面上にある時計の表示部分をタップします。すると、一気に一番上にスクロールされます。


画面を保存する
・・・保存したい画面を見つけたら、ホーム画面を押しながら電源ボタンを1回押せばその画面に表示されたページがそのまま『写真』の『カメラロール』に保存されます。(この操作を【画面キャプチャー】といいます)
この操作はウェブページだけではなく、設定画面やアプリ画面でもキャプチャーできるので気になる情報を保存しておくことができます。


パスワード*ユーザー名を記憶する
・・・ウェブページのIDやパスワードを毎回打たずに記憶させることができます。
記憶させる方法は、[設定]⇒[Safari]⇒[自動入力]⇒【ユーザー名とパスワード】をタップし「オン」に切り替えます。
この設定をしておけば、次回以降の入力を省略できます。
IMG_028400.jpg


ウェブページをホーム画面に登録する
・・・ホーム画面の登録方法は、はじめにSafariで目的のページを表示します。その状態で画面左上にある「共有ボタン」をタップし、表示されたメニューか ら【ホーム画面に追加】ボタンをタップします。最後にホーム画面に表示されるアイコン名を記入して、画面右上の[追加]ボタンをタップしてください。

IMG_0285.PNG IMG_0286.PNG

 


即座に画面の一番下にスクロールする
・・・一気にページの最下部を表示するときは、『ブックマークレット』を利用します。
ブックマークレットを登録する方法は、まずはじめに適当なウェブページをブックマークに【追加】します。追加したブックマークの管理画面にある[編集]ボ タンをタップして、内容を書き換えます。名前は「ページの最下部にジャンプ」など自分がわかりやすいものにし、URL欄には【javascript:window.scrollBy(0.document.height)】と記入をして[完了]をタップします。
利用する際には、ブックマークからブックマークレットをタップすれば利用可能です。


アドレスバーにURLを簡単入力する
・・・SafariでURLを直接入力するには最上部のアドレスバーをタップします。するとソフトウェアキーボードが表示されて入力可能になります。キーボードのスペースキーの右上に「.」が付いたキーがあるので、そのキーを長押しすると【.com】【.us】【.net】【.jp】【.org】【.edu】【.co.jp】の7種類のトップレベルドメインが表示されます。指を話さずにスライドさせるようにしてドメインを選択すると、ワンタップで入力できます。
IMG_0290.jpg


画像を保存する
・・・ウェブページで表示された画像を【カメラロール】に保存する方法です。
保存したい画像を見つけたら、表示された画像を長押ししてください。メニューが表示されるので『画像を保存』をタップすると[写真]アプリの【カメラロール】に保存されます。
IMG_0287.PNG
☆メールに貼り付けられた画像も、この操作で保存することができます。


別のウィンドウでリンクを開く
・・・閲覧しているウェブページは残して、記載されているリンクを別のウィンドウで開きたいときはリンク部分を長押しするとメニューが表示されるので、【新規タブ開く】をタップします。
Safariで新しいウィンドウが開き、そこにリンク先のページが表示されます。
リンク先のページの閲覧が終わったら、画面右下にあるボタンをタップしてください。左右にフリックすれば閲覧するウィンドウが切り替えられるので、必要ないページはページ左上の「×」をタップして閉じることができます。
IMG_0288.PNG
大量のページを残していると全体動作が緩慢になることがあるので、定期的に閉じると動作を改善することができます。